不動産契約解除すれば

不動産売買トラブル防止に


トップ » 不動産売買トラブル防止に

不動産に発生する違約金

不動産の売買の際には、金銭的な事情などを含む様々なことで契約を解除したいときがあります。また、様々な事情で、解約しなくてはならないことも多々あります。そんな時には違約金が発生する場合があります。そのようにならないように、契約を交わす前に、契約書をしっかり読み、理解しておく必要があります。また、自分や会社の事情で、契約を守れないようであれば、一旦、その不動産の売買を見直す必要がある場合もあるので、気をつけなければいけません。違約金が発生するだけではなく、多くの人が迷惑をこうむるので、注意しましょう。

売買契約ペナルティー違約金

不動産の購入は、一般的な収入世帯にとっては人生で一番大きな買い物になります。軽い気持ちで売買契約を締結した後、周りからの入れ知恵や、物件が気に入らなかったりと一方的な理由で契約を解除しますと、違約金というペナルティーが課せられます。手付違約金とも言われます。相場としては売買金額の2割にあたりますので、額が額ですとペナルティーも大きくなります。もちろん買い手側だけでなく売り主側にも適応されます。仮に買い手側として契約を締結した後に、金融会社から融資を受けられなく契約を解除する場合は、ペナルティーは課せられません。不動産契約の前に今一度考えてみましょう。

パールワティ
パールワティ
YOGAROOM